胸を温めるとバストアップ効果が期待できる!

 

胸の大きさは、人によってかなり違いがあります。とても大きい人もいますが、小さくて人知れず悩んでいる人もたくさんいます。

大きいこともコンプレックスになりますが、小さい人はやはり深刻に考えてしまいます。自分で胸を大きくする方法はありますから、やれることをやってみましょう。続けていくことでコンプレックスを解消している人はたくさんいます。難しい方法では長続きしませんが、簡単な方法があるので安心してください。

そもそも胸が小さい人は体が冷えている人が多いです。

冷え性は早く改善しましょう。体が冷えているということは、血流が悪くなっていますし、リンパの流れも悪くなっています。

全身に必要な栄養が届いていない状態なのです。これでは胸が小さくなってしまいます。胸を大きくする為に必要な栄養が届いていないからです。

女性ホルモンが届いていないと乳腺を刺激できなくなってしまいます。女性ホルモンが届けば乳腺がどんどん刺激されるのでバストアップ効果が期待できます。冷え性だと自覚しているのならば、冷え性を改善して血流もリンパの流れも両方とも改善しましょう。

冷え性改善のためには、体を温めることがポイントです。普段、お風呂はシャワーで済ませていませんか。

お風呂に入るときは湯船に浸かってください。すると、体の芯から温かくなります。全身浴でも良いのですが、半身浴がおすすめです。下半身を温めることで、全身の血流がよくなります。

全身浴の場合は心臓に負担がかかってしまいますが、半身浴なら心臓に負担がかかりません。特に、心臓から遠い下半身は血流が悪くなりやすいので、下半身を中心に体を温めていきましょう。

お湯の温度は38~40度くらいが良いです。あまり熱すぎないほうが良いでしょう。お湯はみぞおちくらいまでにしてください。上半身が寒いと感じたら、乾いたタオルをかけましょう。お湯をかけるとかえって寒くなります。20~30分くらい入ると汗が出てきます。全身が温まるまで入ってください。

これだけの時間、お湯に浸かって汗をかいていますので、体内の水分がかなり少なくなっています。

半身浴の間に水分補給したり、お風呂上りに水分補給をしてください。水分が足りなくなるとせっかく体を温めたのに、血流もリンパの流れもあまり改善しません。

必ず水分補給してください。お風呂場にペットボトルの水を持っていくと良いでしょう。お風呂に入る前にも1杯水を飲んでおくと良いです。事前に水分補給しておけば、より血流もリンパの流れもよくなります。

お風呂だけではなく、胸をマッサージして温めるのも良いでしょう。お風呂上りに行うと効果が高まります。

胸を円を描くように優しくマッサージしてみてください。優しい力で行うことが最大のポイントです。胸の上部には、クーパーじん帯があります。

クーパーじん帯が胸を支えていますので、切れないように気を付けてください。胸を大きく揺らしたりするだけでも切れてしまいます。マッサージで力を入れすぎてしまえば、クーパーじん帯が切れる恐れもあります。

クーパーじん帯は一度切れてしまうと元には戻りません。美容整形などの手術をするしか戻す方法がありませんので、バストアップのためと思って力を入れすぎないようにしましょう。

バストアップマッサージをすることで、胸の周辺の血流もリンパの流れも改善しますし、とても温まります。マッサージをするときは、必ずクリームなどを塗ってください。バストアップクリームを塗るのが一番良いですが、ない場合はクリームやオイルなどで構いません。

滑りがよくなれば、よりクーパーじん帯を守ることができます。バストアップと思ったのに、胸が下垂することがないようにしましょう。

バストアップジェル「セルノート」を使ってのマッサージがおすすめです。独自の深層ケア技術を新開発して作られたバストアップジェルで、角質深層まで浸透させ強力なバストアップが期待できるからです。

以上を毎日コツコツと続けていけば、バストアップも夢ではありません。全身を温めることができるので、冷え性が改善されるでしょう。

つらい冷え性が改善されれば、快眠にもつながります。実は、快眠もバストアップには必要です。夜、質の良い睡眠をすることで、成長ホルモンが分泌されるからです。成長ホルモンが分泌すれば寝ている間にバストアップできるので、快眠のためにも体を温めましょう。

女性は筋力が弱いこともあって、どうしても冷え性になりやすいです。半身浴も良いですが、運動して体を温めることも大事です。

運動すれば、全身の血流が改善されます。胸に女性ホルモンを届けることが重要ですから、運動で体を温めることも忘れないで行いましょう。激しい運動の必要はありません。続けやすい程度の運動で構いません。

また、胸を守るためにも、スポーツをするときはスポーツブラをしておきましょう。クーパーじん帯を傷つけないためです。体が冷えないように日ごろから気を付けるようにしましょう。冷たいものをなるべく口にしないようにもしたほうが良いです。

バストアップのために、徹底して体を温める生活を心がけ、バストアップジェル「セルノート」でのマッサージで、女性ホルモンのエストロゲンを活性化させ乳腺の発達を促し、バストにハリや弾力を与え、バストアップ効果を高めましょう。